FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ病治療における薬物療法と心理療法(認知行動療法)~千葉駅前心療内科(院長五十嵐雅文)~

扁桃体とは私達の感情の発生に大きくかかわる部位です。

不安や抑うつといった感情も、この扁桃体から発生するといわれています。

抗うつ剤も、認知行動療法と同様に、扁桃体の興奮を鎮めるのに効果があります。

しかし抗うつ剤は、前頭前皮質に対しては認知行動療法ほどの効果は見られないといわれています。

この結果は、なぜ抗うつ剤が処方されている間はうつ病が改善されているのかを説明しています。

つまり、抗うつ剤は、“感情をつかさどる脳の部位”である扁桃体に直接的な効果があるということでしょう。

しかし一度抗うつ剤を止めてしまうと、これらは効果がなくなります。

対照的に、認知行動療法は治療が終結した後も効果が持続します。なぜなら、

扁桃体をコントロールする前頭前皮質の機能を促進するからです。

このような神経科学的見解は、まだまだ発展途上ですが、示唆に富んだ結果を示しています。



千葉駅前心療内科

カウンセリング治療専門サイト
スポンサーサイト
プロフィール

千葉駅前心療内科

Author:千葉駅前心療内科
千葉市、千葉市中央区の心療内科です。

~千葉駅前心療内科は月1000人のカウンセリング実績を誇る千葉市の心療内科~

院長五十嵐雅文およびスタッフが情報発信します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。